スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2011/06/11 中学生にとって(#652)

<<   作成日時 : 2011/06/17 13:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

画像
10日(金)から1泊2日で、会社の研修会に参加していた(させられていた)のだが、11日(土)の夜には定例の団委員会の予定があり研修終了後大慌てで帰宅した。さらに慌てる理由は、この団委員会の前に、我がボーイ隊スカウト数名の進級面接を団にお願いしてあったこともあり、帰宅して制服に着替えダッシュで団本部へ向かった。

菊章へ進級するスカウト1名を含め4名のスカウトが進級課目をクリアしそれぞれの級に進級することになった。団委員長、副団委員長らの団内進級面接が開催され、隊指導者として出席したのだ。

菊スカウトへ進級するスカウトは中学3年生。出席率は抜群で3年間活動へは皆勤である。班長として班をまとめ、昨年のジャボリーにも参加した。学校では、テニス部に所属。クラブ活動、塾、スカウト活動とすべてに積極的に参加したスカウトである。

また2名のスカウトが1級に進級。中2のスカウトであるが各班の次長として班運営に積極的に参加している。彼ら2人も学校ではクラブ活動をしている。一人はバスケットボール部、もう一人はラグビー部である。

この日団の面接を経て進級する(菊章へは後日地区の面接を経る)ことになり、隊長としてこんなに嬉しいことはない。ここ数年毎年菊スカウト数名が育っている。隊内に菊スカウトが存在することは、後輩スカウトたちの目に見える目標にもなり、この良い流れを今後も継続していきたいと思っている。

一方で他団の指導者からクラブ活動とスカウト活動の両立が難しく、中途退団するスカウトが少なからずいると聞く。私はそんな話を聞くとその隊の活動、もしくは隊指導者の考え方にきっと何かしらの問題があるのではないのかと思うのだ。私はクラブ活動とスカウト活動、さらに言うなら塾もすべて両立させることは十分可能であると思っている。

どれが大切でどれが大切でないか、という議論は一切しない。私は、中学生として学校での勉強が一番大切だ。しかしクラブ活動もスカウト活動も塾も勉強と同様にすべて大切だ、すべてのことに全力を尽くせと指導している。

我が隊のスカウトのほとんどは(体育系の)クラブ活動をし、塾に行き、スカウト活動にも熱心である。私はその生活スタイルを推奨している。どれかに絞る、どれかをすればどれかを辞める、両方できない、などは辞めるための言い訳に過ぎない。

自分の生活の時間をやりくりし、クラブ活動にも塾にもスカウト活動にも情熱を注げるスカウトは将来大人になってもバイタリティ溢れる有能な社会人になると確信している。そんな大人を育てたいと思っている。
(#652)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは、はじめまして。息子がBS隊に所属中の保護者です。
現在まさに息子が体育会系クラブとスカウト活動、塾の両立に悩んでおります。ずいぶんと昔の記事にコメントさせていただきますが、ご容赦ください。
どういう風にすれば両立可能でしょうか?

BVSのビッグビーバーから入隊、7年近くスカウトとして活動してきました。
小学生の頃は地域のスポーツ少年団に参加し、何とか両立できていました。
しかし中学に上がり、入ったクラブになんと1人だけの入部者となってしまいました。
そして現在も2年生一人、下級生は2桁とバランスの悪い編成です。団体スポーツの為、個人の都合では中々変更も難しいようです。
平日は週3日塾で、たまに土曜に補講もあります。
週末はほぼ全て練習があり、グリンバーは土曜夜に開催してくださるので出席できますが、日曜午前中がおおい隊集会には出られない事が多々あります。月1回くらい休んで隊集行ってもいいじゃない、と言っても、それは嫌だと。
ジャンボリーも勧めたのですが、「1年生が長いこと休めない」
今度の世界ジャンボリーも「最後の大会前に長いこと休みたくない」
正直見ていてもセンスは感じられなく、後輩にポジション奪われるのは目に見えていますが、本人なりに頑張っています。
年に2回の合宿(他校と合同)は何故か必ず、春と夏のキャンプに重なっていました。
どちらか先にある方を前半参加、途中で抜けて別の方に参加、とどちらも中途半端にしか参加できていません。
保護者である私も、フルタイムで仕事&CS隊指導者として活動しており毎回サポートする事も出来ず…。
是非スカウト活動を続けて欲しいと思うのですが、中々行けていない現状。同い年の1級を取っているスカウト達が眩しく見えてしょうがないようです。
BS保護者
2014/09/06 09:56
コメントありがとうございます。
なんの価値もないブログを読んで頂き恐縮です。m(__)m

クラブ活動との両立、なかなか難しいですね。私は、クラブ活動とスカウト活動について自分が参加しなければならない方に参加しなさい、と指導しています。
その優劣?可不可?についてはスカウト自身しか決めれません。本人の自主性を尊重しています。
その結果スカウト活動に来てくれればいいですが、クラブ活動に参加する場合は、たとえ5分でもいいのでスカウト活動にも顔を出してほしいとお願いしています。班長や次長としての役割を果たすために。
スカウトは葛藤があると思います。クラブの中心選手としてメンバーに迷惑を掛けられない、スカウト活動では班長、次長として後輩に迷惑を掛けられない。
そんな中で一生懸命今を生きています。
私は常々、「今しかできないことに全力を尽くせ!」と言っています。それがクラブ活動ならそれに全力を尽くせ、と。
スカウト活動はこれから高校生になっても大学生になっても大人になってもいつでもできます。でも学校のクラブ活動はまさに今しかできません。
隊長さんの計らいでグリンバーを土曜の夜に開催して頂けているとのこと。隊長さんもクラブ活動に配慮して頂けてるんだと思います。素晴らしい隊長さんです。
是非、家庭では息子さんに対しクラブ活動もスカウト活動も応援してあげてください。今しかできないことに全力で取り組む!その言葉だけでご本人がしっかりと判断することでしょう。
ブログ筆者
2014/09/08 12:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
2011/06/11 中学生にとって(#652) スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる