スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 3/13 大人の役割

<<   作成日時 : 2007/03/18 23:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

13日(水)、地区のラウンドテーブルに出席した。内容はともかくとして、ある方との話の中で色々と考えさせられる事を聞かせて頂いた。隊指導者(大人)としての役割のことである。

私達は隊指導者としての役務、つまり隊長や副長、その他の役務を団委員会で任命され、その任務を担っている。しかし近年、指導者のなり手が少なく複数の役務を兼務している方も多いと聞く。

ある隊の隊長と他隊の副長ならまだしも、2隊の隊長を兼務している方もいる。いくつ役務を担当するねん!させるねん!

私達の活動は子ども達を教育することを目的にしている。私達成人は、子どもたちの成長を支援し、立派な大人へ育てることを目指している。

一人の指導者が多くの役務を兼務するのではなく、もっと多くの大人がこの活動を支援しなければならない、と思う。

親として、人生の先輩として、大人として子どもたちの教育に力を貸してもらいたい、と切に願う。できるポジションで、できる時間に、できることでいい。

一人の指導者、特定の指導者だけに負担がかかることは避けたい。
今は熱心に活動してもらっているから安心だ、なんてことがいつまで続くかわからない。熱心な人ほど一度活動する意義に疑問を持つと、いままでの熱意も一気に冷めて活動から離れていくとも聞く。

現場の指導者の皆さんは、多くの(他人の)子どもさんたちを日夜、時間や労力、時にはお金もかけて面倒を見ているのだ。

仕事も適度にセーブし、家族に多大な迷惑をかけながらも団から任命された役務を責任感とやりがいをもって遂行する。
もちろん楽しんで役務を担っている方もいる。それが理想だ。

逆にイヤイヤやっている隊長の指導を受けたスカウトはかわいそうだ。
教育的価値はほとんどないに等しいだろう。

ともかく、もっと多くの大人がこの運動に参画することが必要だ!
自分にできこと、支援できることを見つけてもらいたい。

そして子どもたちと一緒に笑い、楽しみ、元気をもらい、教え、時には教えられそして子どもも我々も成長していかねばならない。

スカウティングではそれができると確信しているし、そうあらねばならないし、そうしていかねばならないと思う。それがスカウティングだから。
(#208)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
3/13 大人の役割 スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる