スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017/10/05-09 那須野営場を訪問して(#1286)

<<   作成日時 : 2017/11/07 15:09   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
2017/10/05-09 那須野営場を訪問して

5日(木)〜9日(月)の5日間、栃木県那須塩原市にある日本連盟那須野営場で過ごしていた。期間中は雨もかなり降ったが、季節の良い那須で過ごす日々は快適な毎日であった。5日間を過ごした那須野営場について備忘録として記録しておく。

日本にボーイスカウト活動を広めた三島通陽(みちはる)は、栃木県令などを歴任し、那須開拓に力を入れた三島通庸(みちつね)の孫である。

開拓地の少年たちのため、那須地域にボーイスカウトを設立した通陽はボーイスカウト日本連盟4代目総長を務め、妻の純(すみ)もガールスカウト日本連盟の前身「日本女子補導団」の設立に関わった。

那須野営場は三島家の別荘の土地と山林7・7ヘクタールを通陽が昭和25年にボーイスカウト日本連盟に譲渡し、開設された。

指導者訓練施設として日本を代表する多くの指導者がここで訓練を受け、「ボーイスカウトの聖地」とも呼ばれるようになった。

現在も栃木県那須塩原市西三島の地に約84000uを超える敷地の殆どが杉、松、竹などの林になっており、周辺が次第に宅地化していく中にあっても、豊富な野鳥や昆虫など豊かな自然環境が保たれている。

利用は通年(冬季は利用は少なく、連休時期は指導者訓練が行われる事が多い)で可能である。私は過去6回那須野営場を訪問している。

指導者訓練の参加者として3回(平成14年、21年、28年)、指導者訓練の奉仕者として3回(平成21年、27年、29年)であり、ここ3年は毎年訪問している。

多くの先輩指導者たちがこの野営場で研さんし、日本のスカウト運動及び指導者訓練が維持・継承されてきた。私も那須野営場を訪れる度に、諸先輩方のこの運動に掛ける努力、尽力を肌で感じることができる。

今夏、日本連盟山中野営場が閉鎖されてしまったが、この那須野営場はいつまでも長く聖地としての存在を保てることを望む。
(出典:公益財団法人ボーイスカウト日本連盟ホームページ、他)
(#1286)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017/10/05-09 那須野営場を訪問して(#1286) スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる