スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017/03/09 隊指導者を支援する方々(#1225)

<<   作成日時 : 2017/04/17 16:15   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

9日(木)、地区常設の運営委員会に委員として出席させて頂いた。数年前から隊指導者と団委員を兼務してきたが、兼務は好ましいことでは無いということと何より多忙となって隊指導者としての活動に支障が出ては本末転倒であることから今期末で団委員を辞任し、隊指導者専任となることになっていた。

従ってこの日の運営委員会は委員として最後の委員会出席となる。我が地区だけの状況では無いと思うが、委員の顔ぶれを見るに他の役務と兼務している方が大変多い。

隊指導者との兼務、団委員長との兼務、更には他の役務の団委員との掛け持ちなどなど。各団とも相当な人材不足になっていることは最早自明である。

団委員のなり手が少ないことは明白であるが、さりとて団委員をお願いする方は誰でも良い、という訳にもいかない。

ある程度の経験や知識を持ってもらい、自らも研さんして頂くことが必要である。そのために団指導者の為の定型訓練も整備されている。しかし現実に団指導者の訓練を受ける方々は少ないようで、我が団でも修了者は極めて少ない。

団委員に就任して頂くにあたり、最低限の知識を学んでもらいたいが、中でも指導者(養成)委員やスカウト(進歩)委員などは、隊指導者の経験者である方がよいと思われる。

どんな役割にもある程度の知識と経験は必要で、誰でも良い、担当は何でも良い、と言う訳ではない。当然ながらすべての委員でそれぞれの役割と責務があり、団を代表して地区や県連盟の会合に出席して頂くことになる。

そこで議論された内容は、団へ持ち帰り報告、審議することになるのだからその役割や責務は重要である。それらのことを踏まえて団委員の人選をする必要があるが、各団においてはそのような人選が可能な程、人材がいないということなのだろう。

日々のスカウティングは隊指導者が担う部分は大きい。しかしその隊指導者を支援する団や団委員の力はかなり必要かつ重要である。

隊指導者をしっかりと支援できる組織を持つ団は、隊の活動も活発であると感じる。隊指導者を十分支援できていない団は隊指導者が疲弊し、その結果日々の活動が貧相になっていると感じるのは私だけではないと思う。
(#1225)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017/03/09 隊指導者を支援する方々(#1225) スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる