スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 2017/03/07 弛まぬ自己研さん(#1224)

<<   作成日時 : 2017/04/14 15:27   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

7日(火)、我が県連盟で4月から新たに副リーダートレーナー、リーダートレーナー(以下トレーナー)に就任される方々の新任トレーナー激励会が開催され、出席させて頂いた。私も過去には激励される側で出席させて頂いたことがあるが、毎年この会合では私自身の気持ちを新たにし、自分が激励された時のように初心を思い出す機会となる。

日本連盟のトレーナーとしての自覚とふるまい、知識と技能、そして心構えを持つことはそう簡単ことでは無いと思う。経験が必要であるし、それなりの努力も必要となるであろう。

しかし日本連盟のトレーナーに委嘱されたからには、その役割をしっかりと認識し、その役務に恥じない使命と重責を担う覚悟が必要である。

首に3つや4つのビーズを着用するという意味をしっかりと自己認識せねばならない。指導者を指導する立場となり、自らも常に研さんするという意欲も必要である。

訓練の場においては、妥協は許されない。それは訓練を受ける参加者に対して失礼であるから。参加者も真剣に受講しているのだから指導する方も最大限の教育効果が発揮できるような研修を提供すべきであることは当然のことである。それらをしっかりと認識して研修に臨んでもらいたいものである。

さらに副リーダートレーナーとリーダートレーナーの役割は明確に異なる。ここでその違いを詳しくは書かないが、リーダートレーナーになる資質がある方を副リーダートレーナーコースに参加させるのである、と聞いたことがある。

つまり副リーダートレーナーにするために副リーダートレーナーコースに参加させるのではない、と。今年度も副リーダートレーナーコース、リーダートレーナーコースの開設が決まっている。

全国から新たにトレーナーコースに参加される方がたくさんいらっしゃるのだろうがコースでしっかりと学んで頂き、指導者の質が低下していると噂される現代の指導者訓練をしっかりと支えて頂きたいと思う。

トレーナーは指導者と訓練するだけではない。その指導者先にスカウトがたくさんいることを常に念頭において訓練を提供していく必要があるのだ。
(#1224)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2017/03/07 弛まぬ自己研さん(#1224) スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる