スカウティングな日々

アクセスカウンタ

zoom RSS 12/8 行事屋になっていないか?

<<   作成日時 : 2008/01/03 23:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

8日(土)、月例の団委員会に参席した。先月の団行事の評価・反省などの話題があり、今月、来月の行事予定役割分担などが話し合われる。そして淡々と議事が進み無事閉会。

うーん、団委員会はこれでいいのかな?私は単なる隊指導者であるから、団委員会の運営にいちいち口出しする立場にない。しかし、9月から新たに団委員になられた方々に、団委員会はこんなもんか、出席しなくても出席した人たちが議事を進行してくれる、という感じを受けるのではないか?

もし私が新任団委員ならそう思うような内容だ。現に出席している団委員も少ない。

かねてから団委員の研修会開催の提案をしていたのだが、こちらから研修どうします?と聞かないと議題にもならない。

意を決して、研修の件を切り出した。実は事前に資料を集め、研修の企画を立案していた。丸1日を使って、団委員の研修をするつもりであった。

ところが、団に研修の日程、時間をどうするのか確認すると・・・。
12月下旬に予定している団行事の後、2時間でやりましょう、との回答。

に?、2時間?もっとしっかりと、じっくりと、研修しないとダメなのでは???
せめて半日には短縮しないとダメかも、と覚悟をしていたが、2時間とは・・・。

その後、ほとんどのセッション内容を割愛し、本当に伝えなければならない要点だけの組立となった。

団委員の役割って何だろう?団の運営や維持。もちろんだ。
でも常に頭に入れてもらいたいのは、隊指導者への支援であろう。

特に隊長を支援することが大きな任務である。後方から、側面から。
それがスカウトへの教育に連動する。団委員は直接スカウト教育には携わらない。

隊指導者、特に隊長を通じてスカウト教育に関与するのだ。教育の最前線は隊指導者がいる。その隊指導者をしっかり支援するのが団委員の役割だろう。

団委員会の内容も行事だけの議論ではなく、団の運営者が各隊の活動、さらにはスカウト一人ひとりの成長が見える運営を目指さねばならいのではないだろうか。
(#266)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
これが最後のコメントにしますが〜〜多岐に渡るテーマにあれこれ眼が留まってしまいました。
成人が、この運動に関わってくる理由は何か?NGOやNPOなどと違い、その組織の理念に賛同して参画というのは少ないでしょう。殆どが、保護者としてでしょうか。我が子と共に活動に協力しているうちに、関わるようになり、子供の成長と共に10〜15年程度で静かに去る方が多いはず。
何らかの”意義”を見出して、「頑張る」リーダーも、これまた少なくないのでしょうが、上述の如く、関与し始めた頃は、この運動への関心は薄いのが普通ではないでしょうか?
この点は、保護者からではない私には想像の域です。そういった方々に対して”ガイダンス”プログラムもなく、いきなり”トレーニング?”〜指導者講習会だけであったのは乱暴だったか。今年からのボーイスカウト講習会がどうなるのか。名称が変更になっただけで・・ではないと思いますが、またそれだけであれば、どうでしょうか。

ゴーストスカウター
2008/04/17 23:36
〜おまけです(笑)
最初は、”専門用語?”の乱発?を避け、「スカウト運動って面白くて意義深いな!」と思わせ、事後の自発的学習に繋げ、RSには、改めて「眼から鱗」と”心新たに”させたいもの。最初から、「関心あるはずだ」でのスタートでなく、ビジネス界と同様に、「AIDMA」などの基本的な手法やBSAと同様に事前のビデオ学習も欠かせないでしょう。
成人トレーニングを体験型か参加型か、どちらにするかの話もあるようですが、柔軟で感性豊か且つ初々しい十代の青少年たちの体験とはまったく違うはずで、あくまで成人のそれは”擬似的”であり、イメージにもならないはず。
初期のギルウェル・コースがどうであったのか、その頃の参加者の”資質レベル”もあり、理解の程度も違っていたと思えます。安易に”Boy-Man”を勘違いしては、笑えません。
ゴーストスカウター
2008/04/17 23:55

コメントする help

ニックネーム
本 文
12/8 行事屋になっていないか? スカウティングな日々/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる